株式会社米朝事務所

米朝事務所についてABOUT

桂米朝について

桂米朝
桂 米朝(かつら べいちょう)
3代目桂 米朝(かつら べいちょう)、本名、中川 清(なかがわ きよし)。
1925年(大正14年)11月6日 ~2015年(平成27年)3月19日)
旧関東州(満州)大連市生まれ、兵庫県姫路市出身の落語家。
1943~44年正岡容(まさおか いるる)に弟子入り、
のちに1947年9月4代目桂米團治に師事。
出囃子は『三下り鞨鼓』、『都囃子』。俳号は「八十八(やそはち)」。
現代の落語界を代表する落語家の一人で、第二次世界大戦後、滅びかけていた
上方落語の継承、復興への功績から「上方落語中興の祖」と言われた。
1996年(平成8年)に落語界から2人目の重要無形文化財保持者(人間国宝)
に認定され、2009年(平成21年)には演芸界初の文化勲章受章者となった。
本名 中川 清(なかがわ きよし)
生年月日 大正14年11月6日
出身地 兵庫県姫路市
オンラインショップ

米朝の歴史

 中川 清:桂米朝
0000
大正14年11月 満州大連に生まれる
昭和18年5月 作家、寄席文化研究家・正岡容に師事
昭和22年9月 四代目桂米団治に入門 ほどなく大阪で初舞台。演目は「高津の富」
昭和22年9月 中村扇雀(現・坂田藤十郎)ら仲間と「上方風流」を発刊
昭和41年7月 京都府立勤労会館にて初の独演会「桂米朝スポットショー」を開催
昭和41年10月 京都・東山安井金比羅会館にて桂米朝落語研究会を始める
昭和42年6月 関西テレビ「ハイ!土曜日です」の司会を担当
中川 清:桂米朝
0000
昭和43年4月 所属の千土地興行を離れフリーとなる
昭和43年4月 大阪・厚生年金会館にて「労音寄席・桂米朝独演会」を開催
これをきっかけに以後、ホール落語の全国展開が始まる
昭和46年7月 大阪・サンケイホールにて「第1回桂米朝独演会」を開催
昭和48年3月 東芝レコード「桂 米朝上方全集 全23集」発売開始
昭和48年7月 東芝レコード「桂 米朝上方全集 全23集」発売開始
中川 清:桂米朝
0000
昭和49年9月 株式会社米朝事務所 設立
昭和52年6月 尼崎落語勉強会を始める
昭和54年6月 尼崎落語勉強会を始める
昭和54年6月 毎日放送「特選!!米朝落語全集」放送開始
平成4年7月 毎日放送「特選!!米朝落語全集」放送開始
中川 清:桂米朝
0000
平成8年4月 重要無形文化財保持者(人間国宝)認定
平成14年11月 文化功労者顕彰
平成21年11月 文化勲章受章
平成27年3月 永眠 、従三位叙位

受賞歴

昭和36年 大阪府民劇場奨励賞 受賞
昭和38年 芸術祭文部大臣奨励賞 受賞
昭和42年 「地獄八景亡者戯」にて大阪府民芸術奨励賞 受賞
昭和43年 昭和43年度日本放送作家協会
昭和44年 芸術祭優秀賞 受賞
昭和45年 芸術祭優秀賞 受賞
昭和47年 尼崎市芸術賞 受賞
昭和47年 読売テレビ「第1回上方お笑い大賞」大賞 受賞
昭和48年 昭和48年度東芝レコード特別賞 受賞
「桂米朝上方落語大全集」
昭和49年 昭和48年度大阪府民劇場賞 受賞
昭和50年 第13回ゴールデンアロー賞芸能賞 受賞
昭和51年 第18回児童福祉文化奨励賞 受賞 図書部門「落語と私」
昭和51年 昭和51年度東芝レコード特別賞 受賞
「桂米朝上方落語大全集 1~23集」
昭和53年 昭和53年度防犯功労者賞 受賞
昭和53年 大阪芸術賞 受賞
昭和55年 昭和54年度芸術選奨文部大臣賞 受賞
昭和57年 昭和57年度民間放送娯楽部門優秀賞 受賞
第10回日本放送演芸功労者賞 受賞
読売テレビ「第11回上方お笑い大賞」大賞 受賞
昭和58年 第20回ギャラクシー賞 受賞
兵庫県文化賞 受賞
昭和58年度全日本CMフェスティバルコンクールタレント賞(アイバンクCM)
昭和60年 昭和60年度朝日放送感謝状 「味の招待席」
東芝レコード功労者賞 受賞 
昭和62年 紫綬褒章 受賞
平成4年 第3回キワニス大阪賞 受賞
第46回神戸新聞平和賞 受賞
平成5年 日本酒大賞 受賞
平成6年 第9回関西こころの賞 受賞(文化・芸能部門)
平成8年 平成7年度朝日賞 受賞
重要無形文化財保持者(人間国宝)認定
姫路市名誉市民認定
平成9年 NHK放送文化賞 受賞
松尾芸能賞 受賞
平成13年 読売テレビ「第30回上方お笑い大賞」30周年記念特別賞 受賞
平成14年 文化功労者 顕彰
平成21年 文化功労者 顕彰

米朝名言集

米朝こぼれ話

桂 米團治 桂 米團治

我が師、桂米朝はメチャクチャ酒が好きでした。
どんな種類でも飲みましたが、特に日本酒を好みました。落語会が終わるや否や、「よっしゃ、行くぞ!」と、弟子やマネージャーを引き連れて、近くの居酒屋へ駆け込みます。
「とりあえず、燗5本!」が口癖でした。
ときには腰に手を当て、コップ酒で(牛乳を飲むように)一息に呑み干すのです。とても70歳を過ぎた人の行動とは思えません(^^;
晩年、要介護状態となって、歩く時も常に誰かの介助を必要としたのですが、深夜、ふと目覚め、台所の一升瓶を取りに行く時だけは、スタスタスタと一人で歩いていったのです。これにはビックリ。「仮病とちゃうのん」と、かなり本気で疑いました。
酒はコメの水。米朝はおコメも大好きでした。かなり飲んだ翌朝も、お粥さんや白いごはんをどんどん食べました。かつて、白米の消費量が下がった時、「米朝は朝からコメを食べる」というコマーシャルに出演したほどです。一時期、糖質摂取を控える「炭水化物ダイエット」なるものが喧伝されましたが、米朝に言わせりゃ「何をか言わんや」。「日本古来のエネルギー源を摂らずに、伝統芸能が広められるか」てな勢いでした。
ご飯と一緒に食べるおかずに関しては、米朝は無類の肉好きでした。牛肉が出たら、たまりません。どんどん口に放り込みます。丑歳だったことと関係があるのかどうかは分かりませんが……このお話しは、いずれまた☆