桂よね吉

桂 よね吉 (かつら よねきち)

本名:清水 竜成(しみず たつなり)

生年月日:昭和46年12月10日

出身地:京都府京都市

PDFをダウンロード

【プロフィール】

【よね吉について】
華麗な所作で高座の上から色気と品を醸し出す。芝居噺を演らせたらこの男、一押しです。
よね吉落語の特徴は、常連さんも一見さんもすべて同じように楽しめるというところにあります。
鏡餅でいうなら餅がしっかりしていないことには、てっぺんのみかん(だいだい)やら昆布は、不細工にすべってしまいます。土台である餅が整ってこそ、見栄えのするお飾りが成り立つのです。この原理をモットーに、ネタをしっかりと自分のものにして遊びのエッセンスに加えていきます。
そのバランスのとり方こそ、老若男女を問わず、あらゆる人を惹きつけるよね吉落語のもち味なのです。

【趣味】
歌舞伎・文楽鑑賞

【スポーツ】
水泳、山登り

【略歴】

平成7年12月  故桂 吉朝に入門 
平成8年4月  大阪・太融寺「吉朝学習塾」にて初舞台 
平成11年 ABCお笑い新人グランプリ新人賞 受賞 
平成15年1月  桂米吉から「桂よね吉」に改名
平成19年 NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」に万葉亭柳眉役で出演
NHK新人演芸大賞 落語部門 大賞 受賞
平成20年 東西若手落語家コンペディション2009チャンピオン大会にて優勝
平成23年11月 第6回 繁昌亭奨励賞 受賞
現在、東京・大阪・京都・名古屋で「桂よね吉独演会」を年一回開催。

【舞台】

「お祝い」「お弁当」(芝居ユニット ラックシステム<わかぎゑふ作・演出>)

【特技】

日本舞踊(藤間流)