動楽亭
商品情報
  • facebook
  • twitter
  • facebook

プロフィール

桂 米紫

桂 米紫 (かつら べいし)

本名:林 嘉晃(はやし よしあき)

生年月日:昭和49年3月20日

出身地:京都府京都市

【米紫について】
元々は映画監督を志していたが、同じ京都出身の都丸(現・塩鯛)に憧れ噺家の道に入門。
大阪・東京・京都・名古屋・岡山等で数多くの落語会を主催し評価を得るかたわら、演劇活動にも積極的。
ざこば一門ならではの迫力ある熱血性と、映画や演劇の手法を豊かに取り入れた生々しくも愛らしい人物描写で不器用だけれども、一生懸命な登場人物たちを鮮やかに活写する。
持ちネタは「堪忍袋」、「秘伝書」、「宗論」等の笑いの多い滑稽噺からストーリー性を重視した「らくだ」、「景清」、「ねずみ」等の大ネタ、「蛸芝居」などの芝居噺までバラエティ豊か。
そのいずれもが“不器用者への応援歌”として、暖かい後味を残す。
四代目米紫を襲名し、今後の円熟味も期待させる若手の注目株。

【趣味】
映画・演劇鑑賞

【ホームページ】
  米紫の独り言http://blog.livedoor.jp/kome_murasaki/
桂米紫出演情報http://beishi-k.jugem.jp/

PDFをダウンロード

略歴

平成6年3月  桂 都丸(現塩鯛)に入門。 (芸名 とんぼ) 
平成6年6月  京都「染屋町寄席」にて初舞台
平成9年3月  名前の表記を「都んぼ」に改める
平成11年10月 NHK新人演芸大賞 落語部門 受賞
平成17年1月 なにわ芸術祭奨励賞 受賞
平成21年12月 文化庁芸術祭新人賞 受賞
平成22年8月6日 サンケイホールブリーゼ桂塩鯛襲名披露公演にて四代目桂米紫を襲名
平成22年8月14日 京都府立文化芸術会館を皮切りに全国4カ所で「四代目桂米紫襲名披露公演」を開催

これまでの主な仕事

【映画】

『幸福のスイッチ』('06年) 、 『剥き出しにっぽん』('05年 *'07年PFFグランプリ作品)

『反逆次郎の恋』('06年)、『ガール・スパーク』('07年)、『ばけもの模様』('08年)

『君と歩こう』('09年)

舞台

平成12年~平成15年まで劇団「TEAM火の車」に、平成19年からは劇団「仏団観音びらき」に所属。

劇団公演の他、商業演劇や大衆演劇、関西俳優協会主催の新劇公演等に多数出演。

特技

南京玉すだれ

ページの先頭へ

copyright © Beicho co.,ltd All righits reserved.